ブルドッグ番長
ホーム サイトマップ アクセスマップ リンク FAQ
ブルドッグ番長って? 管理体制について 子犬情報 飼い主さんインタビュー お問い合わせ
 

飼い主さんインタビュー

飼い主さんインタビュー : T様ご家族&レギュラスくん
投稿日時: 2014/1/7

 

私もブルドッグに恋してます

 

 

 

忘れもしません

確か3年位前の事でした。その頃、私達夫婦は若くして亡くしたブルドックに哀しむ毎日を送っていました

特に私は思い出しては涙する日々が半年近く続いていた頃、癒してくれるのはYouTubeのブルちゃんの画像だったり、ブルちゃんに関するネットだったんです。

色々検索をしていると☆彡ブルドック番長☆彡という文字に目が止まりクリックそれはブルドック専門のブリーダーさん私のテンションは上がりました

掲載内容に目を通すと、とても共感する事が書かれていました。それはブルドックに恋してです。

甘えん坊で頑固でマイペースなブルちゃん、喜怒哀楽が激しくて何とも言えないブチャ顔が癖にブルちゃんに対しての愛情が伝わってとても共感しました。

そして気が付いた時には私は携帯を手に取り電話を架けてました

お電話に出て頂いたのが、明るく、感じの良い利奈さんでした

お話の内容は余り良く覚えていないのですが利奈さんの一言、「ブルちゃん、飼われていたんですか?」と。はっきり覚えてます

私は亡くなった経緯を涙を堪えながらお話しした覚えてがあります

それがブルドック番長さんとの最初の出逢いです

その後、ブルちゃん達に会いたくて会いたくて、お時間をつくって頂き主人と二人でお邪魔させて頂きました

そこには沢山のブルちゃん達みんな我先にかまって、かまってと言わんばかりに私達夫婦を出迎えてくれました

中でも唯一の男の子、ラオウの迫力にはビックリさせられ、主人はラオウと遊ばせて貰い、ヨダレだらけになっていました

帰りの車の中では、次に迎える子はラオウの子供がいいと主人も私も同じ気持ちでした。特に主人はラオウにメロメロでした

オフ会にも参加させて頂きました沢山のブルちゃんに会えて、沢山の癒しを貰いました。

ラオウの子で男の子でしたら直ぐにでも迎えるつもりでいましたが、運悪く迎入れられる態勢が崩れ先送りになってしまいました

そんな中、今年の3月に態勢が整い、赤ちゃんの誕生を待つだけとなりました[クラッカー]前もって交配予定を聞いたり、受胎確認はいつ頃?等、気持ちだけが先走り利奈さんを困らせてしまったなぁと思っていました

すみませんでした(><)

2頭の交配が見送りになり、3頭目のブルちゃんの交配。毎日、毎日祈りました[飛んでいくお金][飛んでいくお金] 

そしてやっと交配成功そして受胎確認ができ毎日ウキウキして誕生を待っていると921日、19時頃に利奈さんから無事男の子が生まれましたと写メを頂きました[オメデトウ]

もぉ嬉しくて、嬉しくてたまりませんでした

でも、これはあくまでも第一関門を突破しただけで、順調に育ってくれなければと自分の気持ちを落ち着かせ、利奈さんに頑張って下さいとプレッシャーをかけてしまいました

その後も順調に育ち、利奈さんからの写メが楽しみで、楽しみで仕方ありませんでした

そして、待ちに待った初めてのお目見えそこにはコロコロ太ったブルちゃんが3頭、どの子にするかなんて決められない中、いちばん頭、手、足の大きく活発なレギュラスに決めました。

あの時はご配慮して頂いたお陰で

レギュラスを迎える事が出来た事、本当に感謝してります

 

私は前の子マーベリックの死で勉強させられた事があります。

レギュラスを迎え入れる事は死も受け入れる事だと教えて貰いました。

ブルちゃんの寿命はわずか8年から10年、とても短い寿命です。

だからこそ沢山の愛情を注ぎます。マーベリックに注げなかった分もレギュラス注ぎます。

そしてレギュラスには色々な経験をさせてあげたいです。悔いの無いように。

まだまだヤンチャ坊主で甘えん坊

、そんなレギュラスは我が家の太陽、そして宝です。

 

宝を生んでくれたラオウとラムちゃん、ありがとう

大切な命を譲って頂いたご主人様、利奈さん、本当にありがとうございます

これからもレギュラス筆頭に私達夫婦を宜しくお願い致します。

そしてかけがえのない命の繁殖者として健闘しつづけて下さいね

 


 
飼い主さんインタビュー
ブルドッグ番長日記
フォトギャラリー
オリジナルグッズ販売
我が家のブルドッグ
子犬が家族になるまで
過去の子犬情報
番長チャンネル
獣医師さんインタビュー
 
 
サイト閲覧環境 サイトポリシー プライバシーポリシー