ブルドッグ番長
ホーム サイトマップ アクセスマップ リンク FAQ
ブルドッグ番長って? 管理体制について 子犬情報 飼い主さんインタビュー お問い合わせ
 

飼い主さんインタビュー

飼い主さんインタビュー : H様ファミリー&キャンディーちゃん
投稿日時: 2010/5/8

H様ファミリー&キャンディーちゃん

パパさんより

幼い頃、沢山の動物に囲まれて育ち

そんな中でも一番印象に残っているのがブルドックで

(10匹以上いましたが・・・)

幼い私には仲間や兄妹のよう。いつもそばに居てくれ頼もしく

安心出来る存在でした。

キャンディーと名付けたのは、その時に一番仲の良かったブルドックの

名前で村上さんからお譲り頂いたのは私にとっては2代目になります。

将来家族が出来多少でも余裕があれば

自分の子供にも同じ様な経験をさせてやりたいと思っていました。

ですが、本当は私自身が、ずっと犬を飼いたいと思い続けていたのだと

感じています。

ここまでの道のりは平坦ではありませんでした。喘息とアレルギーを

息子が発症。家族全員の犬を飼いたいとの思いとは

裏腹に犬を諦めようと決めた時期もありました。

ママさんより

主人はそう決めても落ち込んだりしたらペットショップを見てまわり

インターネットで夜な夜な犬の情報を見ていたりの日々。

息子を連れていきブルドックを触り症状がでてしまい息子ともども

へこむ状態。私は出来る範囲ですが食事に気をつけ

息子がたくましく育つのを待ちました。

ただいつも気がかりだったのはペットショップのワンちゃん達。

私は息子のこともあり、ゆっくり相談出来るブリーダーさんを見つけ

触れ合う中でその結果がどちらでも受け入れようと提案し続けていました。

ホームページが出てきた村上さんの文章を熟読し温かい感じがして

勇気を持ってメールしました。

自宅についてからのキャンディー。だいぶ前からいたのではないかと

錯覚をおこす位馴染んでおり嬉しく思います。

息子はというと野球部でより体を鍛え(笑)

アレルギーもたいした変化もなく落ち着いています。

息子さんより

ぼくは、1年生のころ犬になめられて犬アレルギーが

はっしょうしました。でも犬がほしかったから、がんばってなおしました。

ほしかった犬はブルドックです。前に一度ペットショップでほかの

ブルドックを買おうとしましたが、ちょっとアレルギーがはっしょうして

ダメになりました。

それからインターネットでブルドッグ番長さんを知ってそうだんしてみました。

それでブルドックを見に行ったらキャンディーが自分からぼくの

ひざにきてねてくれました。ぼくはキャンディーをえらびました。

キャンディーが家に来たら、やっぱりブルドックはかわいいなと思いました。

ぼくはキャンディーがくるまえは、ゲームをよくしてましたが

今はあまりしません。

ブルドック番長さんのブルドックは親がわかっているから

いいと思いました。

ぼくはキャンディーとあえてとてもよかったです。

娘さんより

わたしが1年生のころ、犬をかいたいと思いました。

よくノートに犬をかったら、いる物をかきました。

ブルドック番長さんのお家に行ったら

キャンディーとくぅちゃんがいました。

兄が犬アレルギーなのに、ならなくて兄にキャンディーが

くっいてきてキャンディーにきまりました。

なぜブルドックがよかったかと言うとマンガのイメージとは

ぜんぜんちがっているのは、しっていて

お父さんがすきで、かぞくぜいいんブルドックがすきで

ブルドックにきめました。


 
飼い主さんインタビュー
ブルドッグ番長日記
フォトギャラリー
オリジナルグッズ販売
我が家のブルドッグ
子犬が家族になるまで
過去の子犬情報
番長チャンネル
獣医師さんインタビュー
 
 
サイト閲覧環境 サイトポリシー プライバシーポリシー